SNSボタン RSS SNSボタン twitter SNSボタン facebook
テーブルウェア
こぐま

持つとくせになる、こどもの手になじむ木製幼児スプーン『モコモコスプーン』

mokomoko01

離乳食にも慣れてきて、自分で食べる意欲が生まれてきた頃。「そろそろスプーンを持たせようかな」と思って調べてみても、シリコンやプラスチック、アルミなど様々なタイプの幼児スプーンがあってどれを使えばいいかわからないですよね。

一番はお子様に合ったスプーンなのですが、それがどれだかわからない。まずは、プレゼントや家にあるもので試してみてほしいのですが、こちらの『モコモコ幼児スプーン』もお薦めです。

mokomoko02

そもそも、なぜ幼児のスプーンに木をお薦めするのか。それはシリコンよりもかたく、アルミよりもいたくないから。シリコンはやわらかいので離乳食初期に向いていますが、自分で食べられるようになれば、少しかたいものも口にするようになるので向いていません。

mokomoko03

また、アルミは熱が伝わりやすいので、熱い汁物などは汁物とアルミの熱さが舌に伝わってしまいます。木のスプーンだと木が汁物の熱を受け止めてくれるので、汁物そのものの熱さだけを届けることができるため、安心安全なスプーンとしてこどもにピッタリです。

mokomoko04

この『モコモコスプーン』は、一つひとつ職人たちの手で削られてできたもの。人のぬくもりが感じられるのは、木の質感ならでは。角のない波型の形状が幼児の小さな手に馴染むため、長時間持っていても痛くなりにくく、30分以上かけて食事をする幼児期にぴったりのスプーンです。

[Link] 籐芸(モコモコ幼児スプーンの販売元)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こぐま

 こぐま こぐま

キュレーター

幼い子を抱える主婦ライター。主な活動場所は首都圏・関西。好きなことは、こどもと一緒に寝ること、こどもと絵本を読むこと。
「こどもと親にとって『これいいね!』と思えるものを発信していけるよう心がけていこうと思いますので、よろしくお願いします!」執筆記事はこちら
TOP