SNSボタン RSS SNSボタン twitter SNSボタン facebook
ファッション
m.u.

敏感なこどもの肌にやさしいリーズナブルで安心な無印良品のオーガニックコットンインナー

mujicotton_01

3年以上農薬や化学肥料を使わないで栽培された綿が、オーガニックコットンです。

通常のコットンはファッション業界のサイクルに合わせるため、枯葉剤を使用して綿花を枯らし、大型の機械で収穫されます。枯葉剤は環境を汚染します。そして、栽培者や近所の住民(特にこども)への健康被害も大きな問題となっています。農薬を使う事で、多くの綿農家の人達が健康でいられないのです。

布を織りやすくするため、染色の前処理、糸の保護などに多くの化学薬剤が使われており、製造段階で使用された化学物質は皮膚から吸収され、かゆみやアトピー性皮膚炎の要因の一つになると言われています。

mujicotton_02

一方、オーガニックコットンは、綿花が自然に枯れるのを待ち手摘みで収穫され、時間と手間をかけて作られます。無農薬で育てられ、通常衣類の製造に使われる化学物質も使用されません。

オーガニックコットンは生産者や地球環境、そして敏感なこどもの肌にやさしいと思いますので、私はこどもの肌着はオーガニックコットンの製品を選んでいます。

多くのオーガニックコットン製品がある中で、私が好んで買っているのが無印良品の商品です。オーガニックコットンの品質もピンキリで、中には粗悪品もある様です。良質なオーガニック商品を見分けるには、認証マークが1つの手がかりです。

無印良品のオーガニックコットン商品には認証マークは付いていませんが、私が無印を好きな理由は2つ。無印良品のホームページを見ると、消費者と生産者、そして環境のことを大切に考え、物づくりをしている会社で信頼できると感じること。そしてリーズナブルな価格で日常生活に取り入れやすいこと。良いものでも、高いものは日常使いできませんから。

mujicotton_03

こどもが着る服全てをオーガニックコットンにしたいですが、実際は難しい。私は肌に直接触れる肌着やパンツはオーガニックコットンにすることにしています。

オーガニックコットンは洗濯するごとに柔らかくなるのも嬉しい特徴です。長女、長男、2人の肌着は2~3日に1回は洗濯していますが、生地がくたびれることなく2年は着られます。丁寧に作られたものは長く使えるって本当です。

無印の肌着は季節によって色々とバリエーションがあります。ランニング、キャミソール、半袖、長そでと、気候や好みに合わせて選べます。サイズも豊富で、ベビーは80-100cm、キッズは110-150cmまであります。

ウチの長男はアトピー性皮膚炎で肌が弱いですが、無印良品のオーガニックコットンは彼の荒れた肌にもやさしい。リーズナブルに良いものを提供してくれる無印が私は大好きです。

mujicotton_04

無印良品 わきに縫い目のないキャミソール 2枚組(トドラー / ベビー
定価800円→560円(30%off) ※2015年9月15日現在

[Link] 無印良品ウェブサイト / 無印良品ネットストア
[via NPO法人 日本オーガニック・コットン協会]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
m.u.

 m.u. 

キュレーター
子育て奮闘中のwebクリエイター/翻訳家

「東京でファッション業界の広報を約10年経験。理想の子育てを追い求め2014年、故郷の広島へ移住しました。二人目の子どものアトピーを自然治癒めざしてがんばっています。自然が大好き。自然の恩恵を受けながら、子と共に成長中です。色んな意味で”自然”に勝るものはないと思います。安心、安全なモノを見極め、日々丁寧に楽しく暮らすことがモットーです」執筆記事はこちら
TOP