SNSボタン RSS SNSボタン twitter SNSボタン facebook
おしらせ
P_TREE編集部

【展覧会情報】イエラ・マリ展— 字のない絵本の世界 —

イエラ・マリ展チラシ

先日ご紹介した絵本「あかいふうせん」の作家イエラ・マリの、貴重な原画や試作本などを一堂に展示した『イエラ・マリ展— 字のない絵本の世界 —』が、板橋美術館で開催中です。

会期中は、講演会やワークショップなども開催しているようですので(詳細はこちらよりご確認ください)、この機会にぜひイエラ・マリの世界に触れてみてはいかがでしょうか。本展は、P_TREEでもレポートする予定ですので、よろしければそちらもぜひご覧ください。

1950〜60年代、経済成長期にあったミラノは、イタリアのデザイン発信地となっていました。そのような時代に制作を始め、10冊に満たない絵本で忘れえない作家となったイエラ・マリ(Iela Mari)。その知られざる生涯と絵本の制作過程に迫る展覧会です。イエラは、1931年ミラノに生まれ、ブレラ国立美術学校で絵画を学びます。そこで出会ったエンツォ・マリと結婚し、1960年代半ばまで生活を共にしました。
デザイナーとして仕事をしていた2人は、子育てをしながら新しい絵本のアイディアを練り、1960年、『りんごとちょう』を発表します。その後イエラは、イタリアの子どもの本の歴史に大きな足跡を残したエンメ出版と出会います。代表作『あかいふうせん』『木のうた』を含め、1967年から10数年間に、同社で8冊が刊行されました(うち2冊はエンツォとの共作で、『りんごとちょう』改訂版を含む)。(サイト紹介文より)

晩年、長い間世間から隠れるように暮らしたイエラは、多くのことを語らないまま、2014年1月、逝去しました。

テキストに頼ることなく、生命の循環や形態の移り変わりを絵が物語っていくイエラ・マリの絵本は、現在も多くの人たちに影響を与えつづけています。本展では、8冊の絵本の貴重な原画や試作本などを一堂に展示し、その仕事に迫ります。また各国で出版されているさまざまな「字のない絵本」をあわせて紹介します。

イエラ・マリ展 —字のない絵本の世界—

会期:2014年11月22日(土)~2015年1月12日(月・祝)
開館時間:9:30〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜
(ただし11月24日・1月12日は祝日のため開館し、11月25日は休館)、12月29日〜1月3日
観覧料:一般650円 高校・大学生450円 小・中学生200円
*65歳以上の方は半額割引(325円、要証明書)あり。
*土曜日は小・中・高校生は無料で観覧できます。
*20名以上団体割引、障がい者割引(要証明書)あり。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
P_TREE編集部

 P_TREE編集部 ピーツリーへんしゅうぶ

P_TREE(ピーツリー)は、「こどものあそび場(=こどもがいる場所)」に関わる人がたのしくなるようなモノやコトの情報を発信していくメディアです。執筆記事はこちら
TOP