玩具 / グッズ
ptree

こどもの絵が3Dに!『CrayonCreatures』

こどもの絵が3Dに!『CrayonCreatures』

最近話題の3Dプリント技術を使って、こどもが描いた絵を立体像にするサービス『CrayonCreatures(クレヨンクリーチャーズ)』。写真を見るとわかりますが、形、色ともに完璧に再現されています。

CrayonCreatures2

CrayonCreatures3

CrayonCreatures4

CrayonCreatures5

この驚きの再現力は、

“小さな画家の絵はスキャンされ、CrayonCreaturesのアーティストが解釈し、Z Corpの 3Dプリンターでフルカラーの像を作成して出荷される。2次元のスケッチを3次元の物にするCrayonCreaturesの工程は、絵の輪郭を取ること から始まり、次にCADツールを使って「風船のようにふくらませ」、圧力の物理学を応用して形を整え、ファイルをエクスポートして3Dプリンティングを行 う。(wired.jpより)”

とのこと。あくまでもプリントなので、やっぱり忠実に3D化されるみたいです。プリント料金は約10cmの作品で150ドル(印刷に130ドル、米国内の出荷に20ドル)。

それにしてもこどもの絵を立体にしちゃうなんて、とても今っぽいサービスですね。

[Link] Crayon Creatures [via WIRED]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SHARE ON!

ptree

森 行正もり ゆきまさ

デザイナー
P_TREE代表

1970年生まれ。神奈川県出身。97年から06年までオーストラリア、ケアンズで日本語情報誌のアートディレクターとして活動。帰国後はグラフィックやウェブデザインの他、遊具などのプロダクトデザインも手がけるなど、こどもまわりのデザインを得意とする。2013年2月、こどものあそび場をたのしくするメディアP_TREE(ピーツリー)を立ち上げた。執筆記事はこちら
TOP