SNSボタン RSS SNSボタン twitter SNSボタン facebook
特集(トピックス)
| ptree

LOVE! TOKYO FOREST #04 ─ 出展者紹介 〜あそぶ〜

181016_八角堂

こんにちは、ふじもりです!

前回の「まなぶ」コンテンツにひきつづき、今回は「あそぶ」コンテンツをご紹介。東京の木の感触やにおいを直に体験できるワークショップが満載です。イベントの記念におひとつ作ってみてはいかがでしょうか。

多摩産材グッズの販売も行なっていますので、東京の木を生活に取り入れてみたい方も要チェックですよ!
 
 

【あそぶ その1】ひのきコースター作り

IMG_5934

多摩産ヒノキの丸太をのこぎりで切って、ヒノキの香りを楽しみながら、オリジナルのコースターを作ります。

【費用】無料
 
 

【あそぶ その2】わりばしでっぽう

181016_わりばしでっぽう

多摩産材の割り箸を組み合わせてつくる「わりばしでっぽう」。作った「わりばしでっぽう」を使ったまとあてゲームも開催予定。

【費用】300円
 
 

【あそぶ その3】森デリバリー

181016_森デリバリー

「東京に美しい森をつくりたいので、森のかけら(曲がった幹や枝葉など)をお届けします」

そんなスローガンのもと「商品」「ワークショップ」「教室」の3つの内容で楽しませてくれる『森デリバリー』。木の小屋が乗ったかわいいトラックが目印の森の体験イベントです。

トークライブにも登壇される青木さんの東京チェンソーズが運営します。東京の森のかけらを使った『ぶんぶん駒』の販売や、『丸太ぼっくり』でのケンケンパ遊びなど、楽しいコンテンツが盛り沢山。お楽しみに!

【費用】遊び場の利用は無料
 
 

【あそぶ その4】木のおもちゃチッタ

181016_チッタ 3

多摩市の自宅ショップで、おもちゃコンサルタントマスターの資格をつ横尾泉さんが選んだ、おしゃれで、安全性の高いおもちゃのセレクトショップ『木のおもちゃチッタ』。

イベントでは、木そのままの自然の形を活かした積み木『ツリーブロックス』や、赤ちゃんから大人まで無心になって見入ってしまう『メリーゴーランド』、カラフルな色合いが特長の『スタックボックス』の他、北欧の乗用車やクーペの玩具などを展示販売します。

181016_チッタ 1

ワークショップでは、様々なパーツを選んで木製のオリジナルフィンガーパペットをつくります。3歳ぐらいから大人まで楽しめますよ〜。

【費用】フィンガーパペットのワークショップ:500円
 
 

【あそぶ その5】ひのき工房

181016_ひのき工房 2

社会福祉法人『ひのき工房』は、木工製品の製作を中心にリサイクル事業、野菜作り、切手仕分け作業、霊園清掃、お菓子作り、創作活動などを行っています。

商品はすべて自然の木のぬくもりを大切にしながら、木工にこだわり製作されています。もちろん、メイン材のひのきはすべて東京の木!

181016_ひのき工房 1

おすすめ商品は、ひのきのカットボード、主催者一押しのしゃもじです。大人が普段の生活で利用できる木工製品の他に、小さなお子様向けのおもちゃなどもご用意しましたので、ぜひ手にとってみてください!
 
 

【あそぶ その6】お名前はんこ

181016_お名前ハンコ 1

普段は、消しゴムハンコ作家2名とお仲間2名の計4名で『お名前はんこ 西野さん』として活動をしています。

「木材を手のひらで握る感覚を体感してもらえるとても良い機会だと思っています。子供も大人も、たくさんの方に喜んでいただけたら嬉しいです!」

はんこ2

ワークショップでは、ハートや動物、乗り物などたくさんの型の中から好きなものを選んで、名前を彫ってもらって、世界にひとつだけのオリジナルお名前はんこをつくります。持ち手には多摩の木を使うので、お子様にも押しやすく、自然と木に触れるきっかけにも。プレゼントにもおすすめです!

【費用】500円
 
 

【あそぶ その7】LIFECamping ライフキャンピング

181016_ライフキャンピング 1

身近にある公園でキャンプをしながら、ご近所さんと仲良くなろうというプロジェクト『LIFECamping』。普段は、多摩の公園で焚き火やハンモックカフェ、ビアパーティなどのアウトドアイベントを行い、市民が地域運営に関わるきっかけ作りを行う活動をしています。

そんなLIFECampingさんには、テントやハンモックなどを設置していただき、東京の森を身近に感じる第一歩としての「アウトドアの魅力」を紹介していただきます。ワークショップは2本立て。ひとつ目は「ロープワーク体験」として、アウトドアでは必須の「巻き結び」や「もやい結び」など、使えるロープワークを学びます。ふたつ目は「自分で豆を挽いてからドリップする珈琲」。オープンエアで楽しむ珈琲をぜひお楽しみください!

181016_ライフキャンピング 2

【費用】ドリップ1杯200円
 
 
以上、「あそぶ」コンテンツはワークショップや木製品が盛りだくさんです。ぜひたくさん触って木の感触を楽しんでくださいね。ひとつと言わずたくさん思い出を持ち帰っていただけたらな、と思います!

次回はみなさんお楽しみの「たべる」コンテンツのご紹介です!

 

LOVE! TOKYO FOREST Facebookページ
https://www.facebook.com/lovetokyoforest.tama/

LOVE! TOKYO FOREST Instagram
https://www.instagram.com/tokyoforest2018/

LOVE! TOKYO FOREST
〜第1章 知ることからはじめよう。多摩の自然と暮らしの関係〜

【日程】2018年10月20日(土) 11:00~17:00
【開催場所】J Smile 多摩八角堂(多摩市豊ヶ丘5-5)※アクセス
【イベント内容】東京チェンソーズの青木さんと飲み物片手にのんびりトークライブ、多摩産材を学ぶパネル展、多摩産材を使用したワークショップ(ひのきコースター作り、わりばしでっぽう、森デリバリー、木製フィンガーパペット、お名前ハンコ、もやい結びとロープワーク、など)、木製玩具の販売、パン屋、お菓子、ナチュラルワイン、出張バー、等
【主催】LOVE! TOKYO FOREST 実行委員会

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ptree

森 行正もり ゆきまさ

デザイナー
P_TREE代表

1970年生まれ。神奈川県出身。97年から06年までオーストラリア、ケアンズで日本語情報誌のアートディレクターとして活動。帰国後はグラフィックやウェブデザインの他、遊具などのプロダクトデザインも手がけるなど、こどもまわりのデザインを得意とする。2013年2月、こどものあそび場をたのしくするメディアP_TREE(ピーツリー)を立ち上げた。執筆記事はこちら
TOP